スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3週間で作ろう!MGガンダムVer.2.0~第1回~

皆さんこんにちは、KAZです

お久しぶりなのは今に始まったことじゃないのでもうスルーです(笑)

キラりん「ひどい居直りだ~♪」

(∩゚д゚)アーアー きこえない、きこえなーい



はい、では細かい事は置いといて今回のお題です

450x600-2008072400001.jpg

遂に出ましたMGガンダムVer.2.0(^^)

未完成のプラモも多いのでタイトル通り3週間でなんとかしたいところf^^;

一応スケジュールとしては
1週目:素組み&改造点チェック
2週目:工作
3週目:塗装

といった感じで考えていまして、すでに1週目の工程は終了して現在工作真っ最中です(^^)


が、まだ改造点は画像を貼れるほどは進んでいないので、第1回の今回は素組み写真を紹介しつつ感想や改造の方向性をお話しませう(・∀・)

キラりん「さあさあ、いつも通り続きはこっちからだよ」↓




IMGP0941.jpg

IMGP0946.jpg

全体的なプロポーションはすでに模型誌で紹介されている通り原作準拠・・・と言いたい所ですが、ぶっちゃけ一番近いのはHGUCだと思います。
なので予想していたよりも良く言えば「違和感が無い」、悪く言えば「新鮮味も無い」という感じでしたf^^;

とはいえそれはあくまでもプロポーションの話で、可動や組みやすさは見事の一言です(>∀<)



余計な説明は不要、これらのポージングを見てください(・∀・)ノ

IMGP0938.jpg
【立て膝はもはや「出来て当然でしょ」なレベルで決まる】

IMGP0940.jpg
【「おい良太郎!」なモ○タロスポーズもなんのその】

IMGP0939.jpg
【さらに可動範囲だけでなく間接の強さもガンダムファイトをこなせるほどカッチリしてます】

はい、ご覧の通り間接周りは「改造する必要が無い」を超えて「迂闊にいじると全てを台無しにする」なレベルに達しています




<改造ポイント>
ご覧頂いたとおり可動に関しては百点満点なガンダムVer2.0ですが、ちょっとプロポーションが大人しすぎると感じました。

テストショットを見た時点では「おっ?」と思った頭部のデザインなんかも実際組んでみるとやはり側頭部のラインなどからPGの影がチラホラと・・・(笑)

なので今回は大河原邦夫先生のイラストや旧1/100、MGガンダムVer1.0を参考に「より古さを感じるガンダム」を目指したいと思います(笑)



キラりん「あくまでも『可動を潰さない範囲』『KAZの腕でも収集が付く範囲』でね☆」


だね、「3週間で作る」だし(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。